日記

フリルくん。。。。

こんばんは、おかず姫のるかたんです♡

知っている方は少ないかもしれないのですが、実は私お魚も飼っていまして、白いオスのベタちゃんがうちにいます。

名前はフリルです。

真っ白でフリフリしてるからフリル。

去年の3月くらいから飼いはじめたので、時期も時期で、ちゃんと報告できていなかったのですが。。

スーパーに買い物に行ったら、近所のペットショップからベタちゃんが見えて、、買って帰って来たんですね。

なのでもう、うちに来てからもう1年と9ヶ月経。

もちろん長生きさせるつもりで飼いましたが、飼って1ヶ月で亡くなっちゃったお話しとか、病気になって大変なことになっているブログなどを読んでいたらしばらく様子を見てみよう、、、と思っていたらすっごい健康に長生きしてくれました。

ベタちゃんの寿命は飼い始めから一年くらいとされているんですけど、うちの子もうすぐ2年経ちますからね、、、

ヒレは溶けてきちゃいましたが、大きな病気もせず本当に穏やかでいい子です。

最近歳のせいか、水槽の底に横たわっていて。。。

もしかしたらそろそろなのかな。。。と心配しています。

ご飯を食べるのも下手になって来ちゃったし、、

お掃除の時の今日のフリル…↑

若い時に比べて、ヒレが開かなくなっちゃったなぁ。。。

毎日疲れてるみたいで、、、一年前くらいから亡くなったらどうお葬式をするかずっと考えているんですけど、火葬だと焼き魚になっちゃいそうだし、埋葬も東京都だと場所を探すの難しそうだし、、、

ちなみにハムスターの諭吉ちゃんの時は業者さんにお願いして火葬してもらいました。

皆さんお魚はどうやって弔っていますか。。。><(まだ生きているのにごめんね。。)

 

動物は好きだけど、やっぱりいつかお別れの時が来るので、その時は本当に辛いです。

弱っている姿も本当は見たくないし。

でも、それらと向き合うことは、人に愛を教えてくれるというか。

残された時間の中で、私にできる範囲で幸せにしたいと思えるし、限られているからこそ、輝く瞬間もあると思うのです。

その瞬間はいつも私の心を育ててくれます🌱

楽しいことだけじゃなくて、辛いことも含めて慈しむこと。

そうやって人は優しく強くなっていくのかなぁ、、、、

 

POSTED COMMENT

  1. なごみん より:

    うちにもおさかなちゃんいる(*´ω`*)

  2. たっちゃん より:

    生き物全てに寿命は有ります。必ず別れは来ます。
    其までにどう接してきたかが大事になると思います。慈しんであげて下さいね
    その時がきたら、どんな形であれ、きちんとお別れをすればフリルも成仏出きると思います。

    • rukatan より:

      たっちゃんさん、いつもコメントありがとうございます✨
      はい、可愛がってあげたいと思います(*´-`)

  3. さとし より:

    動物・鳥・魚・植物どれもそうですが、生物と共に暮らすことは色々な経験が出来て楽しく大切なことだと思います。 全ての出会いと別れは最初からセットになっているので大きな喜びも大きな悲しみもいずれも人生の楽しさなのですね。私も犬1匹猫3匹カエル1匹金魚6匹を見送りました。 去年14才の猫が亡くなったときは親父が亡くなったときより悲しかったですね。(お父さんごめんね)亡くなった子たちからは言葉では表せないくらいの喜びをもらいました。
    るかたん、久々のブログ更新ありがとう!また投稿してね。

    • rukatan より:

      さとしさんこんばんは、コメントありがとうございます

      心を通わせた期間が長い動物とのお別れは、人とのお別れよりも悲しいことはよくあることだと思います(´;ω;`)
      ベタちゃんが逝ってしまうことも悲しいですが、わんこも飼っているので、その子が死んでしまったら。。。。
      犬猫は特に懐くので悲しいですよね泣

      今を大切にしていきます!!

  4. hiro より:

    最近フリル君の話題がでなかったですが、健在よかったです。長寿ですね。るかたんが愛情込め、フリル君から癒しをもらい続けているからでしょうね。
    でも別れは必ずやってきますその時までしっかり愛情を注いであげてください。
    その時が来た時の対応ですが、私の場合は一軒家ですので庭の隅に埋葬しましたがマンションではできないのでペット霊園とか動物霊園があればそこに魚系の対応が可能どうか確認してはいかがでしょうか。
    また人によっては植木鉢に植わってる木の根元に埋葬する人もいます。(自分で)
    人も大きな木の根元に埋葬(骨ですが)し供養する樹木葬(自然葬)があります。

    • rukatan より:

      hiroさんこんばんは!!

      色々とアドバイスいただきありがとうございます(TT)
      植物の根元に埋葬する方法、いいですね!!
      引っ越してから植物をたくさん飼うようになったので、その子たちのどれかに植えてみるのもありかもしれないです

      ありがとうございます‍♀️

  5. たけ より:

    るかたんへ

    いつも楽しく拝見しております。

    「楽しいことだけじゃなくて、辛いことも含めて慈しむこと。」

    物事を達観するるかたんの慈悲深い言葉に、日々の辛さや虚しさが救われていくようで、穏やかな気持ちをいただく事ができました。

    ありがとうございます

    るかたんの命を想う尊さは、以前、東日本大震災を巡る気持ちを表現していただいた時、その崇高な心情を感じとることができ、以来、ますまするかたんが愛おしくなりました。

    そして今回、年老いたフリルを一所懸命慮るるかたんの、命を慈しむ思いに触れることで、今も懸命に生きようとするフリルからも、私自身、勇気と元気をいただくことができます。

    るかたんには感謝しかありません

    私も過ぎゆく日々を大切に思いながら「フリルに負けないよう」(笑)、心麗しいるかたんを応援させていただきますので、よろしくお願いします‍♂️

    • rukatan より:

      たけさんこんばんは、コメントくださりありがとうございます

      フリルは本当に長生きでとても一生懸命に生きてます!
      最近お水を温かく保つようにしたら、また元気になってきました^^

      私もたけさんもフリルに負けないように頑張りましょうね!

  6. くあとろ より:

    るかたんへ

    こんにちは、るかたん。ブログにコメントするのは久しぶりになります。

    愛しく思っている存在がなくなるのはほんとにつらいですよね。
    それが人であれ生き物であれつらいです。
    ペットだとその子がいてくれたからこそ感じていた愛しい気持ちや楽しい気持ちうれしい気持ちに改めて感謝する時間ですよね。
    わたしも性格上物事を先回りして考えがちで今飼っている犬(トイプードル♀)がいなくなったらどうしよう、、、、と今から不安に思ってしまいます。ペットを失った悲しみはペットでしか埋めれない気がしてしまい、その時の悲しみを少しでも少なくするためにもう一匹飼った方がいいのかとか考えてしまいます。

    ごめんなさい、結局るかたんの疑問には答えれてませんね。
    ただ、わたしは個人的には「千の風になって」ではないけどお墓とかにあまり意味があるように思えなくて、少なくとも自分のお墓はいらないと思っています。私には子供がいないし兄弟にも子供がいないのでお墓を作っても将来参りに来てくれる人がいないのでなおさらいらないと思っています。

    魂という物が存在するならそれはお墓ではなく、その人やペットの事を覚えている、思っている人の心の中にあるものではないかなと思います。

    フリルちゃんですが、確かに亡くなったときに焼いたら焼き魚になってしまうので普通に土に返してあげるか水(淡水魚だったら池がいいのかな)に返してあげるのがいいのではないでしょうか?

    全く参考にならない長文になってしまいました。すいません。

    ただ、るかたんの優しい気持ちに触れられたブログでした。
    ありがとうございます。

    くあとろ

    • rukatan より:

      くあとろさんこんばんは^_^
      いつも丁寧なメッセージをありがとうございます

      ずっと一緒にいてくれるワンちゃんとのお別れ、、不安ですよね、私もたまに考えてしまいます(TT)

      何回かもう一匹わんちゃんをお迎えすることも考えたんですけど、えーいちがその子と仲良くなれる確率も100%じゃないし、二匹わんちゃんがいたら、今の愛情が半分になってしまうかもしれないなぁと思うと、難しい決断です。
      ネットで見つけたのですが、途中から来たわんちゃんと元のワンちゃんが仲良くなりすぎちゃって、数年後最初にいたワンちゃんが亡くなってしまい、途中から来たわんちゃんがずっと元気がなくなってしまって、、、と言うことがあった人もいるみたいです。。

      魂のお話、人は2回死ぬと言いますもんね。
      骨や体は自然から借りているものですから、本来は地球に帰るべきですもんね。
      お墓は覚えてくれている人がいるからこその、生きている人のためのものですから、、、
      私はいずれ海外に住みたいのですが、そうなると誰もお参りには来てくれないと思うので、循環しそうな自然な場所で眠りたいです。笑
      洞穴に閉じ込められては自由に世界を見に行けないので、、笑

      お魚を海や川に戻してあげるという発想はありませんでした!!
      東京だとちょっと難しいので、もしかしたら飼っている植物の植木鉢に埋めるかもしれないです。

      自然が近かったら、そうしてあげたかった
      くあとろさん、ありがとうございます^^

  7. ふうちゃん より:

    こんにちは〜、るかたんさん〜 

    何時も楽しく拝見させて
    頂いております〜

    ブログ、更新・UP
    ありがとう御座います〜
    凄く嬉しいです〜

    無理せず・焦らず・ゆっくり
    るかたんさんのペースで
    身体を休めて下さい〜
    ファイト、るかたんさん〜

    次も楽しみに待ってます〜
    ありがとう御座います〜
    お疲れ様で御座います〜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です